wwwあり?なし?(ドメインエイリアス)

「ドメインエイリアス」とは、異なるドメインへのアクセスに対して、同じWebサイトを表示するという仕組みのことです。良く使われる例として、「www.example.com」へのアクセスも、「example.com」(wwwがつかないドメイン)へのアクセスも、同一のWebページを表示するというものがあります。
このページでは、どこどこJPをドメインエイリアスに対応させる方法をご紹介します。

どこどこJPの動作するドメイン


どこどこJPのAPIキーは、基本的に単一のドメイン上でしか動作しません。どこどこJPをWebサイト上に設置して利用する場合、APIキーが第三者にも閲覧可能な状態となります。悪意ある第三者による転用・イタズラ利用のリスクを防ぐために、動作するドメインを制限しているのです。
ドメインエイリアスを設定しており、どこどこJPを両方のドメインで動作させたいという場合は、特別なお手続きが必要となります。

1.APIキーをこれから発行する場合


まだどこどこJPのAPIキーを発行していない場合は、登録画面でドメインエイリアスに対応させる設定を行います。ご利用登録画面のStep3、ご利用サイトURLを設定する際に、URL入力欄のすぐ下にある「ドメイン名のエイリアスを使う」というチェックボックスにチェックを入れ、「www」のついたURLを入力します。
この場合、対応するのは「www」の有無のみですのでお気を付け下さい。

図:「ドメイン名のエイリアスを使う」にチェックを入れる


2.APIを既に発行済の場合


APIを既に発行したあと、ドメインエイリアスの設定が必要になった場合は、弊社側でドメインエイリアスの追加設定を行います。お手数ですが、APIを発行したドメインと、追加したいドメインエイリアスを弊社スタッフまでお知らせください。
なお、このお手続きは、2つのドメインが同一のWebサイトを表示しているという場合のみのご対応となります。ご提示いただいたドメインで表示されるWebサイトが別のもの(例えば、コーポレートサイトとサービスサイトなど)であったり、利用目的が異なっていたりする場合は、ご対応しかねる場合もあります。どうぞご了承ください。



▲ ページの先頭へ

ご不明な点は、お気軽にお問い合せください。

  • IT活用セミナー

    経営者様・マーケティング責任者様必見のIT活用セミナーのご案内です。