企業がページを見た時間を調べるには?

どこどこJPとGoogleアナリティクスを連携させることで、企業単位でセッション数・ページビュー数・ユーザ数などの指標を把握し、Webサイト上の企業の動きを分析することができるようになります。企業を軸にした分析を続けるなかで、「このページをいつ閲覧してくれたんだろう?」といった、より具体的な行動を把握したいという場合もあるかもしれません。今回は、Googleアナリティクスで「時刻」に関する情報を調べる時に役立つ方法を2つご紹介します。

本内容は、どこどこJPとGoogleアナリティクスの連携がお済みの方を対象にしています。連携設定方法は、「どこどこJPとGoogleアナリティクスの連携設定方法」で詳しくご紹介しています。
また、本ページでご案内しているカスタムレポートは、弊社の推奨するカスタムディメンションの設定に準拠しています。カスタムディメンションの設定が推奨設定と異なる場合、正常に動作しない可能性があります。

1.カスタムディメンションの「アクセス時刻」を利用する

弊社の推奨するカスタムディメンションの設定をしていただくと、カスタムディメンションの一つに「アクセス時刻」という項目があるはずです。この項目は「時刻:分:秒」という形式で、アクセス時刻が記録されます。
これを使って、特定の企業のアクセス時刻を確認しましょう。今回は、弊社の提供しているカスタムレポートを利用します。

まず、Googleアナリティクスにログインした状態で、以下の「カスタムレポートを追加する」をクリックしてください。
【カスタムレポートを追加する】

「ビューを選択」メニューから、カスタムレポートを追加するビューを選択し、任意のレポート名を付けて「作成」をクリックします。
これで、カスタムレポートがビューに追加されました。

図:カスタムレポートを追加する
図:カスタムレポートを追加する

続いて、Googleアナリティクスの「カスタム」をクリックします。すると、表示されたカスタムレポートの一覧に、先程入力されたレポート名が表示されます。レポート名をクリックすると、カスタムレポートの画面に移動します。
この時、折れ線グラフの左上に並んでいるタブのうち「アクセス企業別」が選択されていることを確認してください。他のタブが選択されている場合は、「アクセス企業別」タブをクリックし、レポートを切り替えます。

図:「カスタム」を選択し、追加されたカスタムレポートをクリック
「カスタム」を選択し、追加されたカスタムレポートをクリック

続いて、カスタムレポートの「組織名」の列から、アクセスした時間を調べたい企業の名前をクリックします。すると、その企業が閲覧したページの一覧が表示されると共に、グラフがクリックした企業からのアクセスだけに絞り込まれます。

図:企業が閲覧したページの一覧が表示される
図:企業が閲覧したページの一覧が表示される

続いて、解析期間を一日に絞り込みます。

図:解析期間を設定する
解析期間を設定する

続いて、「セカンダリディメンション」をクリックし、「カスタムディメンション」から「アクセス時刻」を選択します。

図:「セカンダリディメンション」に「アクセス時刻」を設定
図:「セカンダリディメンション」に「アクセス時刻」を設定

「ページ」の横に、「アクセス時刻」という2つめの分析軸が追加されます。
「アクセス時刻」の項目名を1~2度クリックし、昇順に並び替えを行います。これにより、アクセスした時間の順番にページ名が並びます。
これで、企業がWebサイトを訪問した時間、各ページを閲覧した時間、最後に読んだページにアクセスした時間などが細かく把握できるようになりました。

図:企業の訪問時刻を詳細に把握
図:企業の訪問時刻を詳細に把握

2.「時刻」ディメンションを活用する

カスタムディメンションの「アクセス時刻」は「時間:分:秒」という形式ですが、それ以外の時刻の形式を使いたいこともあるかもしれません。そんな時に役立つのが、Googleアナリティクスに標準で搭載されている、アクセス日時や時刻を分析するためのディメンションです。
ここでは、例として「企業がアクセスした日付と時間」を調べる方法をご紹介します。

「アクセス企業別」タブをクリックし、アクセス企業一覧を表示します。
続いて、「セカンダリディメンション」の「時刻」から「時間帯」を選択します。

図:「時間帯」を選択
図:「時間帯」を選択

「日付+時間」という形式で、Webサイトに訪問した時間が表示されます。例えば、下図の1行目は「2015年10月20日 0時」を表しています。

図:「時間帯」ディメンションが追加される
図:「時間帯」ディメンションが追加される

ここでは日付と時間を併せて表示できる「時間帯」を選択しましたが、それ以外にも「週」「曜日」「分」など、使用できるディメンションはたくさんあります。用途や目的に応じて、使いやすいものを選びましょう。「アクセス企業情報を一括ダウンロードする」でご紹介している「フラットテーブル」を使えば、「日付・曜日・時・分を並べて表示」など、時刻を表すディメンションを併用することも可能です。ぜひお試しください。



▲ ページの先頭へ

ご不明な点は、お気軽にお問い合せください。

  • IT活用セミナー

    経営者様・マーケティング責任者様必見のIT活用セミナーのご案内です。