どこどこJPで取得できる「気象データ」

アクセスユーザがいる場所の天気や気温、紫外線の強さが分かる…そんなユニークな技術が、どこどこJPの「気象データ」です。どこどこJPに搭載されている気象データは、天気・気温・湿度・紫外線強度・降水量など、多岐に渡ります。
このページでは、ユーザのIPアドレスから気象情報を判定する仕組みや、取得できるデータの種類についてご紹介します。

IPアドレスから気象情報を判定できる仕組み


Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ)は、IPアドレスから位置情報を判定するという技術を保有しています。気象情報の判定は、この位置情報の判定技術を応用しています。
IPアドレスから位置情報を市区町村単位で判定した後、あらかじめ用意した市区町村単位の気象情報データベースから、対応する地域の気象情報を取得するという仕組みです。これによって、GPSなどの機器を持たないPC経由のアクセスであっても、ユーザの置かれた気象条件を知ることができるのです。

天気は移り変わるもの。そのため、気象情報データベースは定期的なアップデートを行っています。アップデートの間隔は項目によって異なります。最も頻度の高いデータでは、1日に24回の更新を行っています。

図:IPアドレスから気象情報を判定する仕組み
IPアドレスから気象情報を判定する仕組み

どこどこJPで判定できる気象データとは?


どこどこJPでは、「天気」「気温」「湿度」「降水量」「降水確率」「風向き」「紫外線」、気象データの関連情報として「データの更新日時」を判定することができます。
気象情報は、「晴れ」や「10℃」といった日本語での表記の他、テロップ番号(天気と番号を対応させたもの)やコードで取得することも可能です。取得できる項目の一覧は、「気象データオプション」をご覧ください。

どこどこJPで判定できる気象データは、気象情報がどのような情報に基づいているのかという切り口から、「予報データ」と「現況データ」に区別されます。
予報データはその名の通り「天気予報」「最高(最低)気温予報」「紫外線強度予報」といった、予測に基づくデータです。天気予報であれば、明後日までの予報データが取得可能です。「天気予報を確認して週末の予定を立てる」など、天気予報はユーザの行動を少なからず左右するはず。観光・レジャー産業などでの活用が見込まれます。
これに対して、「現況データ」は「今、どのような気象条件下にあるのか」を、アメダスや気象衛星などから得られた情報をもとに推定したデータです。予報データよりも更新頻度が高く、よりリアルな情報であると言えるでしょう。リアルタイム性が求められる現況データは、1時間に1度、1日24回の更新が行われます。

図:どこどこJPで利用できる主要な気象データの種類と利用可能な範囲
どこどこJPで利用できる天気データの種類と利用可能な範囲

気象情報のご利用方法


Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ)の気象データは、2通りの方法でご利用いただけます。
1つが、どこどこJPの追加オプションである「気象データオプション」をご利用いただく方法。もう1つが、Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ)が提供する独自のアドネットワーク「どこどこad」のターゲティングメニューとして、気象条件をトリガーとした広告配信を行うという方法です。

「雨が降っている時だけ、オンラインショップに雨の日セールのバナーを出す」など、自社Webサイト上に気象データを活用した仕掛けをしたいという場合は、どこどこJPの気象データオプションをご利用ください。EC-CUBEをお使いであれば、「お天気プラグイン」をご利用いただくことで、より手軽に気象データをご活用いただけます。また、「気温によって売れ筋商品に差があるのか」など、気象データを絡めた分析を行いたいという場合には、どこどこJPで取得した気象データをアクセス解析ツールと連携させるという方法があります。
一方、「紫外線が強い時だけ、日焼け止めの広告を表示したい」など、気象条件を広告配信に活用したい場合は、どこどこadによる気象データを使ったターゲティングがおすすめです。「天気」「気温」「湿度」「紫外線」の4つのデータをターゲティングにご利用いただけます。

次の記事を読む

▲ ページの先頭へ

ご不明な点は、お気軽にお問い合せください。

  • IT活用セミナー

    経営者様・マーケティング責任者様必見のIT活用セミナーのご案内です。