どこどこJP

English

利用できるAPI

「どこどこJP」では、現在以下のAPIを公開しています。指定のURLにアクセスすることで、JavaScriptやXML、JSONなどの形式で結果を出力する事ができます。

JavaScript API
JavaScriptの関数をブラウザに実行させることで判定結果を取得するAPIです。
REST API
XMLおよびJSON形式で判定結果を取得できるAPIです。
Demo
上述のAPI3種のダミーデータをご用意しております。ユーザー登録前の下調べや開発期間などにお役立て下さい。

利用可能データ

「どこどこJP」では、現在53種類のデータをご利用いただく事が出来ます。
APIデータ対応表の内訳は下記の通りです。

大陸データ
北米大陸、南米大陸、アジア大陸、オーストラリア大陸、ヨーロッパ大陸、アフリカ大陸の6分類に分け、該当する大陸の値を返します。
国データ
ISO 3166-1に準拠した国コードのほか、英語表記、日本語表記の国名で値を返します。
地方コード
総務省等で定められた明確な定義はありませんが、どこどこJPでは別紙の通り定義した値を返します。
都道府県データ(第一行政区画)
総務省設定の全国地方公共団体コードを基準にした都道府県コード(JIS X 0401)のほか、 英語表記、日本語表記の都道府県名で値を返します。
市区町村データ(第二行政区画)
総務省設定の全国地方公共団体コードを基準にした市区町村コード(JIS X 0402)のほか、 英語表記、日本語表記の市区町村名で値を返します。
組織データ
日本標準産業分類に準拠した業種コード(大分類中分類小分類細分類)のほか、
企業フラグ本支店フラグ自営業フラグ上場区分フラグ資本金コード従業員数コード売上高コードといった値を返します。
環境データ
主に回線種別(FTTH、ADSL、ISDN、ダイヤルアップ)の値を返します。
気象データ
今日から明後日までの天気予報のほか、気温、降水確率、風向きといった値を返します。
気象データオプションの利用申し込みが必要です。
now loading...

Page Top