三角
三角下
背景

地方創生

USAGE

BtoBマーケティング

地方創生

動画・ゲーム配信制御

アドテクノロジー

金融不正検知

Google Analytics連携

地方創生の効果

地方創生とは、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持することです。 具体的には地方の人口の減少に歯止めをかけ、地域経済を活性化を継続的に行っていくことです。

地方の自治体においてはコロナの影響で都市圏へ集中していることの危うさや、政府のテレワークの推進もあり、危機管理のために地方へのオフィス分散や、地方からのテレワークにより、地方の住民にとって就労機会は以前より増しています。 こういった状況により、人口の減少や地域経済に悩む地方の自治体にとってはこれまでにないチャンスとなってきています。 企業側においては、テレワークなどの働き方の多様化への取り組みは従業員から高く評価され、地方の優秀な人材を集めることもでき、地方創生という取り組みを行っているという企業に対するブランドイメージの向上も期待できます。 地方創生は、自治体、企業の両方にとって良い効果をもたらします。

どこどこJPから始める地方創生

どこどこJPは地域の概念がないインターネットに対して、地域を概念を作り出すことができるので、地方に対しての政策や、自治体のこういった施策にとてもいい効果を生み出します。

例えば、自治体において、どこどこJPを用いてWebサイトのアクセス分析を行うと、自治体の内外からアクセスがわかるため、市内の住民がどういったサービスを求めている人が多いのかが分かり、市民へのサービス改善ができます。 市外からのアクセスの動向を分析することで、人気のスポットやコンテンツを元に、観光資源のアピールや移住定住につなげる施策も行うことができます。 さらに、アクセスしている企業の可視化できるため、地元の事業支援や企業の誘致などのPRも可能です。

どこどこJPではサイトに訪問した瞬間に IP Geolocation 情報が取得できるため分析で得た傾向を元に、市内、市外、組織のサイト訪問者に応じて、市民サービス、観光アピール、企業支援などを表示されるコンテンツの最適化を行うこともできます。 また、姉妹サービスのどこどこadを用いることで、サイト訪問者と似た属性を持つユーザ群に対して、広告配信を行うことで、さらなる集客を行うことも可能です。

実装例を見る

API仕様

JavaScript API

サイトで手軽に始めるどこどこJP、システム 連携も可能

REST API

システムから任意のIPアドレスの属性をXML、JSON形式で取得可能

緯度経度検索

ユーザの緯度経度を取得し、それに基づく地域情報、組織情報を取得するAPI

データ提供

IP Geolocation Technology の全てを提供

マスタデータ一覧

どこどこJPで利用しているデータのコード体系をダウンロード可能

どこどこJP14日間無料お試し
資料ダウンロード
どこどこJP14日間無料お試し どこどこJP14日間無料お試し
資料ダウンロード