どこどこJP



「どこどこJP for Check Point R80」提供開始のお知らせ

掲載日 2017.11.24

日頃よりどこどこJPをご利用いただき、誠にありがとうございます。

株式会社Geolocation Technology (旧社名:サイバーエリアリサーチ株式会社 本社:静岡県三島市 代表取締役:山本敬介 以下Geolocation Technology社)の提供するAPI「どこどこJP」は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:ピーター・ハレット、以下チェック・ポイント社)の提供するチェック・ポイント製品「R80.10」と連携し、2017年11月24日(金)より、新サービスとなるIPファイアウォールルール設定支援ツール 「どこどこJP for Check Point R80」の提供を開始致しました。

どこどこJP for Check Point R80

Geolocation Technology社は、インターネットユーザーの位置情報や企業情報等をIPアドレスから特定する、IP Geolocationの技術を有する、国内唯一のテクノロジーカンパニーです。自社サービスのどこどこJPは、IPアドレスからユーザーの地域を認識するエリアターゲティングの技術や、Webアクセス解析、金融や証券分野でのオンライン取引時における不正アクセス対策、デジタル配信される映像や音楽の著作権管理などに役立てられています。
この度、「どこどこJP」と、ITセキュリティ業界のパイオニアであるチェック・ポイント社の業界随一の検出率を誇る先進のセキュリティ対策ソフト「R80.10」との連携を実現し、利用用途の拡大と顧客層の拡大につなげていきます。

主な提供機能は以下の通りです。

どこどこJPのデータ項目からIPアドレスを検索できる機能で、IPアドレスリストの取得が可能に

どこどこJPのデータ項目から、torをはじめとする匿名ネットワークや国コード、プロキシ判定フラグなどのデータから条件を指定することで、IPアドレスを検索することができます。
今後、マルウェアの通信先をはじめとするIP Threat Dataも検索可能となる予定です。

取得したIPアドレスリストをもとにアクセスを制御

IPアドレスのデータを紐付けることで、様々な角度から“信頼できないネットワーク“を検知し、アクセスを制御します。

Geolocation Technology社が提供しているIP Geolocationデータは、IPアドレスを使い位置情報や企業情報、回線環境など100を超える情報の識別が可能です。今後、IT業界のさらなる発展に貢献していくために、セキュリティが懸念されるIoT機器やFinTech分野において活用できるよう、機能の拡充を図って参ります。

製品詳細

どこどこJP for Check Point R80

本件に関するお問合せ

株式会社Geolocation Technology
TEL :055-991-5544 FAX:055-991-5540

Page Top