どこどこJP

English

IP Geolocationデータベース SURFPOINT™について

SURFPOINT™は、全世界43億ものIPv4アドレスに対応しています。日本国内では全IPアドレスをカバーし、市区町村まで判定可能な次世代のIP Geolocation(ジオロケーション)データベースです。アクセスユーザーの位置を特定することでインターネットユーザビリティの向上、マーケティング、コンプライアンス、不正防止など様々な目的で利用されています。
弊社で自社構築したデータ収集サーバー群によるデータ収集分析プロセスの常時稼働に加え、国内外のネットワーク環境を熟知した専任スタッフ(Net Tracer)による分析、複数のナショナルクライアント様や大手ISP様からのフィードバック情報をもとに詳細な調査を行い、当日中にデータ反映を行う処理フローも稼働させており、常に最新最善のIP Geolocation(ジオロケーション)&IP Intelligence(インテリジェンス)データベースであり続けています。
他の追随を許さない高精度・広範囲なSURFPOINT™は、どこどこJPをはじめ、より高度なアプリケーションの土台を支えるデータベースとなっています。

IPアドレス分布状況 (2017年)


SURFPONT™収録データ IPアドレス分布状況

最新データ情報

SURFPOINT™最新収録データ情報(2017年)
全IP数 日本語による企業・組織数 国数
3,671,662,264 151,340 248か国及び地域


ネットワーク機器のつながりから位置情報を分析する



ネットワーク機器のつながりから位置情報を分析する

※2017年4月1日付で「サイバーエリアリサーチ株式会社」から「株式会社Geolocation Technology」に社名を変更いたしました。動画内にて旧社名(サイバーエリアリサーチ株式会社)の表記がございますがご容赦ください。

「IP Geolocation技術」とは、IPアドレスと位置情報を紐付けたデータベースを用い、アクセスユーザのIPアドレスから位置を判定する技術です。
IP Geolocation技術の実現に必要なデータベースの制作を行う国内唯一の企業が、株式会社Geolocation Technology(旧サイバーエリアリサーチ株式会社)です。弊社では複数の調査方法を併用して、IPアドレスデータベースの精度維持・向上を図っています。
この動画では、IPアドレスが使われている位置をネットワーク機器の繋がりから分析する手法をご紹介します。

Page Top