三角
三角下
背景

実装事例

USAGE

BtoBマーケティング

地方創生

動画・ゲーム配信制御

アドテクノロジー

金融不正検知

Google Analytics連携

どこどこJPは、地域の概念がないインターネットの世界に地域の概念を作り出します。
地方創生の分野では、地域を軸に分析し、ターゲットごとに分析を行います。
自治体の域内のユーザには、市民サービス、域外のユーザには、観光資源や移住定住のPR、企業のユーザには、企業誘致や支援の案内を行うと効果的です。

サイト上で手軽に対応できるようにJavaScriptでの連携をお勧めします。どこどこJPから取得したGeolocation情報はブラウザからGoogleAnalyticsなどの解析ツールへ直接送信する方法が一般的です。
Google Analyticsのカスタムディメンションなどの分析ツールに用意されたユーザ設定領域に必要な属性を送信します。エリアで分析のための、エリア属性を、組織の分析を行うために組織の属性を必要に応じて送信します。
転送と同時にJavaScriptでどこどこJPの域内、域外や組織などの属性に応じて、コンテンツを出し分けを行います。
またどこどこJPの結果から弊社の広告配信サービスどこどこadを利用することで集客効果も望めます。

地方創生実装事例

API仕様

JavaScript API

サイトで手軽に始めるどこどこJP、システム 連携も可能

REST API

システムから任意のIPアドレスの属性をXML、JSON形式で取得可能

データ提供

IP Geolocation Technology の全てを提供

マスタデータ一覧

どこどこJPで利用しているデータのコード体系をダウンロード可能

緯度経度検索 JavaScript API

ユーザの緯度経度を取得し、それに基づく地域情報、組織情報を取得するAPI

ドメイン検索機能

ドメインに基づく情報取得、フリーメールやプロバイダメールを判定

どこどこJP14日間無料お試し
資料ダウンロード
どこどこJP14日間無料お試し どこどこJP14日間無料お試し
資料ダウンロード