気象情報とGoogleアナリティクス

どこどこJPで取得できる気象データをカスタムディメンションに設定することで Googleアナリティクスに「気象」という分析軸を加えることができます。気象データには、天気気温湿度紫外線という、 大きく分けて4つの種類があります。今回は「紫外線」について、ご説明します。

ご利用可能な天気データ


紫外線予報データは1日2回(06:00~18:00「今日の日中における紫外線レベルの最高値予報」、18:00~翌06:00「明日の日中における紫外線レベル最高値予報」)更新を行います。

種類 関数名 説明
サンプル
紫外線予報 SURFPOINT.getForecastUV() 今日の紫外線強さ予報(明日の紫外線強さ予報) 取得中...

値は1~5の紫外線レベルで紫外線の強さを表します。紫外線の強さは、以下を参考にしてください。

レベル 強さ 紫外線対策の目安
5 極端に強い 日中の外出は出来るだけ控えよう。必ず長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しよう。
4 非常に強い
3 強い 日中の外出はできるだけ日陰を利用しよう。出来るだけ長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しよう。
2 中程度
1 弱い 安心して戸外で過ごせます。

ご利用イメージ


気象データは、どこどこJPをご利用のお客様向けに有料オプション(月額5万円より)として提供しています。 ご利用の際は、お問い合わせフォーム より、ご連絡ください。

  1. お申込み後、弊社で気象データオプションをご利用いただける貴社専用のAPIキーをご用意します。
  2. 解析対象となるWebサイトのどこどこJPのタグを①のタグと入れ替えます。
  3. コード変換ライブラリのカスタマイズ、Googleアナリティクスのディメンション追加、Googleアナリティクスのセグメント作成は 天気編および、気温編と同様の手順になります。


▲ ページの先頭へ

ご不明な点は、お気軽にお問い合せください。

  • IT活用セミナー

    経営者様・マーケティング責任者様必見のIT活用セミナーのご案内です。