どこどこJP

プロキシ利用フラグ・Free Proxy Server List

プロキシサーバは、身元を隠匿した迷惑行為・不正行為や、アクセス制御の回避など、悪意を持って使われるリスクがあります。
アクセスユーザのIPアドレスから、公開プロキシサーバを経由したアクセスを検知することが可能です。弊社では、公開プロキシサーバのIPアドレスを一覧化した「Free Proxy Server List( フリープロキシサーバリスト)」及びどこどこJPで取得できる「プロキシ利用フラグ」を提供しています。

プロキシ利用フラグ・Free Proxy Server Listの調査方法

どこどこJPの「プロキシ利用フラグ」で検知されるIPアドレスと「Free Proxy Server List(フリープロキシサーバリスト)」に掲載されるIPアドレスは、下記の通り、調査の手法や解釈が異なります。利用目的に応じてお使いください。

Free Proxy Server List( フリープロキシサーバリスト)
公開プロキシサーバのIPアドレスを収集し、動作が確認されたものをリスト化

弊社は国内外の「プロキシリスト」サイト(アングラ系サイトを含む)を巡回し、これらのWebサイトに掲載されているIPアドレスを収集しています。
収集したIPアドレスに対してプロキシサーバとして動作するかどうかを検査し、直近30日間にプロキシサーバとして動作したことが確認できたIPアドレスを「Free Proxy Server List(フリープロキシサーバリスト)」として提供しています。

プロキシ利用フラグ
どこどこJPで取得可能な、公開プロキシとして動作するリスクがあるIPアドレスを判定するフラグ

どこどこJPの「プロキシ利用フラグ」は、「Free Proxy Server List(フリープロキシサーバリスト)」に掲載されたIPアドレスに対して、IPアドレスひとつひとつではなく、IPアドレスのレンジ(幅)単位でフラグを付与しています。「Free Proxy Server List(フリープロキシサーバリスト)」に掲載されたIPアドレス、及びその周囲のIPアドレスは「プロキシ利用フラグ」に「1」が、それ以外には「0」が返却されます。
IPアドレスは通常、1個単位ではなくある程度のレンジ(幅)を持って利用されます。そのため、公開プロキシサーバのIPアドレスだけでなく、同じ用途で使われていると推測されるIPアドレスについても、プロキシとして動作するリスクがあると考えることができます。
「プロキシ利用フラグ」は、どこどこJPをお使いの方ならば特別な手続きなしにご利用いただけます。詳しくはどこどこJP APIデータ対応表(プロキシ利用フラグ)をご覧ください。

動画で解説「プロキシを経由した不正アクセスの防止」


プロキシを経由した不正アクセスの防止

IPアドレスに紐づけられたアクセスユーザの位置情報は、いわば「インターネット上の国境」として、放映権・著作権の問題があるコンテンツをWeb上で配信する際のアクセス制御などに活用されています。しかし、動画コンテンツやオンラインゲームなどの、国や地域によってアクセスを制御する必要のあるコンテンツに対し、プロキシサーバを悪用してアクセス制御を回避しようとするユーザが存在します。
この動画では、「プロキシ利用フラグ」「Free Proxy Server List(フリープロキシサーバリスト)」を利用して、プロキシ経由のアクセスを検知する手法を解説します。

「プロキシ利用フラグ」「Free Proxy Server List」で実現するセキュリティ対策


リスクベース認証の認証要素として利用する

ネットバンキングを初めとした金融サービスでは、二要素認証・多要素認証といった認証の強化によるセキュリティ対策が進んでいます。認証要素の一つとして、匿名プロキシサーバの利用の有無が使われる場合があります。
ID・パスワード、過去の利用履歴など、他の認証要素と組み合わせることで、認証の更なる強化が可能です。

Webコンテンツ等のアクセス制御を行う

匿名プロキシサーバの匿名性を悪用して、外部のサーバへの攻撃や侵入と言った不正行為をはたらくユーザが存在します。また、アクセス元地域などを元にWebコンテンツのアクセス制御を行っている場合、プロキシを悪用してアクセス元情報を意図的に操作し、アクセス制御を回避するユーザが存在する可能性があります。
これらのリスクに対処するために、プロキシサーバを経由したユーザに対してアクセス制限を設けることができます。

※料金などの詳細については、弊社サポート窓口までお問い合わせをお願いいたします。

now loading...

Page Top