どこどこJP

English

不正アクセスブロック


IPアドレスから国内外いずれからのアクセスなのかを判別し、情報の配信をコントロールする事ができます。

Webで公開されている情報はボーダーレスにアクセス出来てしまうものですが、例えば日本国内にしか配信してはならない情報があります。多くの場合、著作権で保護をされていたり版権が国内に限られているため、Web上で配信をするためには日本国内に限定させねばなりません。

DRM(Digital Rights Management デジタル著作権管理)の観点からもIPアドレスによる配信制御は有効です。

IP Geolocation(ジオロケーション)技術によるアクセス制御の優位点

アクセス制限というと.htaccessによるIPアドレス制限が一般的です。

例えば、下記のように記述すると社内のローカルIPアドレス以外からのアクセスは全て拒否されます。

 deny from all
 allow from 192.168.1.

こういったケースにおいては.htaccessによるIPアドレス制限を用いるのが便利ですが、「特定の国からのアクセスのみを制限したい」、といったケースにおいてはどうでしょうか?

「とある国」で使われているIPアドレスを列挙することで、同じように.htaccessによるIPアドレス制限が可能です。ただし、「とある国で使われているIPアドレスを正しく把握できるならば」という条件付きです。 また、「とある国」で使われているIPアドレスは頻繁に増減する可能性がありますので、.htaccessによるIPアドレス制限ではその度に情報を更新する手間を避けることができません。

どこどこJPを用いたIPアドレス制限は簡単です。

IPアドレスに対して返却されるカントリーコードを元にルールを作っていただくだけでOKです。
JPなら日本といった具合ですから、JPならこのHTMLを見せるといった簡単なルールで運用できます。
もちろん、IPアドレスに対するカントリーコードは、Geolocation Technologyが責任をもって毎月更新しています。

ECサイトでのショッピング

海外や特定の国からの注文や問い合わせに対応していない場合、どこどこJPでアクセス元の国を判定し、日本からのアクセスであれば注文フォームを表示、それ以外であれば、海外からのお問い合わせには対応していない旨のHTMLページを表示させることができます。海外への発送に対応していない場合や住所を偽った注文にも有効です。以下はサンプルコードです。

<?php 

$docoURL = 'http://api.docodoco.jp/v5/search?key1=お客様にて発行されたどこどこJPのAPIキー1&key2=お客様にて発行されたどこどこJPのAPIキー2&ipadr=' . $_SERVER["REMOTE_ADDR"]; 
$docoXML = simplexml_load_file($docoURL); 
if ( $docoXML->CountryCode == "JP" ) { 
//日本向けの処理 
} else { 
//海外向けの処理
} 
?>

業種で広告配信を制御

登録時の情報や検索キーワード、行動履歴などによってターゲティングを行う手法もありますが、これらの手法では一部のユーザーに対する属性しか把握することができません。どこどこJPが提供するIPアドレスによる属性の取得方法は、他のターゲティング方法と異なり、PC環境下の全ユーザーの属性を把握することが可能です。
動的にIPアドレスが割り当てられるコンシューマー向けのISPサービスを利用している企業はターゲティング対象とはなりませんが、固定IPアドレスが割り当てられている企業であれば、日本標準産業分類に基づいた業種大分類・業種中分類・業種小分類、上場区分・資本金・従業員数・売上高・国・都道府県などの項目で広告の出しわけを行うことが可能です。

<?php 

$docoURL = 'http://api.docodoco.jp/v5/search?key1=お客様にて発行されたどこどこJPのAPIキー1&key2=お客様にて発行されたどこどこJPのAPIキー2&ipadr=' . $_SERVER["REMOTE_ADDR"]; 
$docoXML = simplexml_load_file($docoURL); 

switch ( $docoXML->OrgIndustrialCategoryL ) { 
        case "A": 
                //農業,林業向けの処理 
                break; 

        case "B": 
                //漁業向けの処理 
                break; 

        case "C": 
                //鉱業,採石業,砂利採取業向けの処理 
                break; 

        case "D": 
        case "E": 
                //建設業と製造業向けの処理 
                break; 


        default: 
                //その他の業種の処理 
                break; 
} 
?>
        

※戻り値のコード(A~E)については、対応表をご確認ください。


動画の配信地域を制御

海外映画の配給、国際的なスポーツイベントの放映権、海外の楽曲など国単位で許諾されるテリトリーや、テレビで放送中の番組や地域イベントの放映権など、都道府県単位で許諾されるテリトリーなど、コンテンツホルダーでは許諾していない国や地域に無料で視聴されることがないようエリアコントロールが必要となるケースがあります。どこどこJPでは、国や地域を限定したコンテンツにアクセスしたユーザーの位置情報を識別し、エリア制限を可能にすることができます。

now loading...

Page Top