どこどこJP



「Pardot」と「どこどこJP」を連携
「MAPlus(マプラス)企業名アクセス分析」提供開始のお知らせ

掲載日 2016.01.21

日頃よりどこどこJPをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、toBeマーケティング株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役:小池智和)は、セールスフォース・ドットコム社のマーケティングオートメーションツール「Pardot」の周辺サービスとして、「MAPlus(マプラス)企業名アクセス分析」の提供を開始いたします。

「MAPlus(マプラス)企業名アクセス分析」サービスは、Pardotが取得したビジター情報(閲覧者情報)のIPアドレスから、そのIPアドレスを所有する企業の企業名、本社住所、代表電話などの企業情報を解析し、提供いたします。「MAPlus(マプラス)企業名アクセス分析」サービス利用者は、自社ホームページにどの様な企業がアクセスしているのかを明確にすることができ、必要に応じてアクセスした企業をリスト化しテレマーケティングやダイレクトメールなどの営業リストとして活用することもできます。 「MAPlus(マプラス)企業名アクセス分析」サービスのIPアドレスから企業情報を解析する機能は、どこどこJPと連携することで実現しています。


MAPlus企業名アクセス分析「MAPlus(マプラス)企業名アクセス分析」画面イメージ


「Pardot」と「どこどこJP」連携の背景

Pardotを利用している企業は、自社ホームページを閲覧している顧客をビジター情報として確認できます。しかしながら、確認できる項目は、ビジターごとの閲覧数や訪問回数、閲覧しているページのURL、ビジターのIPアドレスなどに限られました。 「MAPlus(マプラス)企業名アクセス分析」を利用することで、IPアドレスから会社名などの企業情報が明らかになり、サービス利用企業に興味を持っている見込み顧客が浮き彫りになります。

「MAPlus(マプラス)企業名アクセス分析」のご利用方法

「MAPlus(マプラス)企業名アクセス分析」は、利用する企業のSalesforce環境にインストールして利用するクラウド型パッケージサービスとして提供いたします。Salesforce環境にインストールしたパッケージを仲介して、Pardotのビジター情報とサイバーエリアリサーチ社のデータベースをマッチングすることでサービスを実現しています。
また、Salesforce環境を使用しているため、Salesforceで管理している企業ごとにホームページの閲覧状況を把握できたり、Salesforceのレポートやダッシュボードを利用して閲覧数の多い企業等の集計データをビジュアルで表示することが可能です。 また、企業情報は、CSVデータでダウンロードできますので、住所情報や電話番号などの企業情報を利用し、様々なマーケティング用途に活用いただけます。


toBeマーケティング株式会社について
  • ■ 社 名:toBeマーケティング株式会社
  • ■ 取締役:代表取締役 小池 智和/取締役 関 武徳
  • ■ 設 立:2015年6月
  • ■ 所在地:東京都中央区日本橋兜町19-8八重洲KHビル5F
  • ■ U R L :http://www.tobem.jp

プレスリリースダウンロード

toBeマーケティング株式会社 MAPlusシリーズ「MAPlus(マプラス)企業名アクセス分析」をサービス提供開始 (PDF形式/705KB)

プレスリリースダウンロード
本件に関するお問合せ

サイバーエリアリサーチ株式会社
カスタマーリレーション部 :杉本、山﨑 TEL :055-991-5544 FAX:055-991-5540

Page Top