どこどこJP



「爆破予告対策ソリューション」提供開始のお知らせ

更新日 2016.10.03

平素よりどこどこJPをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、Web サイト上に設置された問合せフォームや掲示板等による爆破予告などの悪質な問合せの防止を目的としたソリューションを2016年10月3日より提供開始したことをお知らせいたします。 「爆破予告対策ソリューション」をご利用いただくことにより、「通信元が秘匿されたアクセスや国外サーバーを経由したアクセスには問合せフォームを表示しない」「メールアドレス保有者が特定できないフリーメールの利用を許可しない」といった対策を通じて、爆破予告などの悪質な問合せを防止する効果が期待できます。

ハイリスクなアクセスによるフォームページへのアクセスを防止

提供の背景・概要

近年、自治体や学校が「爆破予告」等の悪質な犯罪予告メールを受け取る被害が急増しています。これらのメールを受け取ってしまうことにより、施設閉鎖・警備強化・マスコミ対応などの緊急対応を余儀なくされます。爆破予告は、Webサイト上に設置された問合せフォームや掲示板を経由して行われている事例が多く見られます。犯人は通信元を匿名化したうえでフォーム送信を行うと考えられるため、匿名化された通信を検知し、匿名での問合せメール送信・掲示板への書き込みを防止することにより、爆破予告による被害を未然に防ぐ効果が期待できます。

「どこどこJP」を利用した爆破予告対策~IPアドレスからハイリスクなアクセスを制御~

どこどこJPは、Webサイト訪問者のIP アドレスから「どの国・地域からのアクセスか」「Tor・公開VPN などの匿名化技術を使っているか」等の情報を判定するWebAPIサービスです。どこどこJPを利用することにより、「サイバー攻撃の攻撃元上位国からのアクセス」「通信元を秘匿したアクセス」などのハイリスクなアクセスを検知することができます。サイバーエリアリサーチは、どこどこJPを利用したWebコンテンツや問合せフォームのアクセス制御を実装するための「爆破予告対策JavaScript」および「爆破予告対策メールフォームCGI」を10 月3 日より提供開始いたします。高度なプログラミングの知識がなくても、ハイリスクなWebサイト訪問者が問合せフォームにアクセスすることを防ぎ、爆破予告などの悪質な問合せに対策することができます。「爆破予告対策JavaScript」および「爆破予告対策メールフォームCGI」は、どこどこJPWebサイト上で無償配布いたします。※ご利用の際は、別途どこどこJPのご利用料金が発生します。

関連URL

・どこどこJP Webサイト「自治体・教育機関向け 爆破予告対策ソリューション」 http://www.docodoco.jp/fraud/mailformcgi.html

本件に関するお問合せ

サイバーエリアリサーチ株式会社
カスタマーリレーション部 山﨑、渡邉 TEL :055-991-5544 FAX:055-991-5540

Page Top