どこどこJP



次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」と「どこどこJP」連携のお知らせ

掲載日 2016.01.13

日頃よりどこどこJPをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区/代表取締役:安部泰洋)が開発・提供する、次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash(ビーダッシュ)」とIPアドレスデータベースを用いた位置認識のサイバーエリアリサーチ株式会社(本社:静岡県三島市/代表取締役:山本敬介)が提供するアクセスユーザの位置情報・組織情報取得サービス「どこどこJP」が連携いたしましたことをお知らせいたします。

「どこどこJP」x「B→Dash」

次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」とは

「B→Dash」は、企業のマーケティングプロセス全体に渡るデータを統合し、一気通貫で分析/管理/改善を可能にするSaaS型のサービスです。 現在、「DMP」「マーケティングオートメーション」「コンテンツマーケティング」「メールマーケティング」などのマーケティングソリューションが話題となっているものの、幾つかのサービスやソリューションを導入した結果、「運用に乗らない」、「効果が見えない」といった課題を抱える企業が数多く存在します。その中で、「B→Dash」はオールインワンで全ての機能を装備、実装した次世代型マーケティングプラットフォーム=プライベートマーケティングプラットフォームとして、個社毎のビジネスプロセスや業務フローに対してカスタマイズし、フィットさせることで、企業の収益向上並びにマーケティング業務効率向上を可能にするプロダクトとして注目を集めています。

IPアドレスを活用した新規機能実装により実現できること

「どこどこJP」との連携を通じて、「B→Dash」は新しく以下の機能を搭載しました。

①企業名自動分析
「どこどこJP」に搭載された約36億のIPアドレス・企業情報変換用データベースを利用することで、WEBサイトに訪問したユーザーのIPアドレスより、企業名等の企業情報を自動で取得できます。これにより、「見込み顧客の行動」という事実に基づいて、ユーザー行動を分析し、個社ごとの“検討具合”を把握・可視化することで、見込み客に対し適切なタイミングでアプローチすることが可能になります。さらに、アクセスデータの一覧と既存顧客のデータを合わせて、まだアプローチしていない情報を抽出することで、精度の高い営業用ターゲティングリストを得ることも可能となります。
②エリアターゲティング機能
WEBサイトにアクセスしたユーザーに応じて、都道府県や市町村情報等をはじめとする「位置情報」の把握・可視化が可能になります。これにより、地域属性に沿ったコンテンツの提供ができ、ユーザー特性に合わせた適切なアプローチを行うことができます。さらに、位置情報に基づいて不要なページをスキップさせるなど、ユーザーごとにWEBサイトの導線設計を最適化させることで、流入からコンバージョンまでのフローが改善され、ユーザーの離脱リスクを軽減させることが可能となります。

上記に加えて、「不正アクセス対策」や「アクセス制御」などの機能も新規実装しています。


「B→Dash」詳細
フロムスクラッチ 会社概要
  • ■ 会社名:株式会社フロムスクラッチ
  • ■ 代表者:代表取締役 安部 泰洋
  • ■ 所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目20番1号住友不動産西新宿ビル17階
  • ■ 設立:2010年4月6日
  • ■ 事業内容
  •   Marketing Strategy事業
  •   ・プライベートマーケティングプラットフォーム『B→Dash』の開発、並びに導入支援
  •   ・『MIERUKAマーケティング』を用いたコンサルティング支援
  •   ・事業戦略立案支援
  •   ・新規事業立案支援
  •   ・Digital Marketing戦略、並びに解析支援
  •   ・Business Process構築支援
  • ■ URL:https://f-scratch.co.jp/
本件に関するお問合せ

サイバーエリアリサーチ株式会社
カスタマーリレーション部 :杉本、山﨑 TEL :055-991-5544 FAX:055-991-5540

Page Top