どこどこJP

English


バージョンアップのお知らせ

更新日 2013.04.09

平素より弊社サービスをご愛顧頂き厚く御礼申し上げます。
さて、このたび弊社では「どこどこJP」のバージョン4.0 を 2013年4月25日(木)にリリース致します。本バージョンアップにより、APIサーバーの処理性能の向上や海外データの取得をはじめとしたデータ取得内容の改良が適用されます。今までのバージョンでご利用いただいているお客様につきましては、変わりなくご利用いただけます。(バージョン4.0で新たに追加されたデータ項目を取得するには、APIタグの変更が必要になります。)
ぜひ、これまで同様にどこどこJPを御社Webサイトの最適化にお役立てください。

バージョンアップの詳細につきましては、下記をご覧ください。


データ更新性の向上

弊社では、DFLS(Daily Feedback Loop System)を構築し、地域データの更新に関して日次で対応する取り組みを行なってまいりました。
今回のバージョンアップにより、地域だけでなく企業データの更新にも日次での対応が可能となります。一部、組織名・住所・電話番号・FAX番号・URL以外の業種等のデータに関しては、追っての対応となる可能性がございますが、これまで実現できていなかった企業データの即時更新および新規データの追加対応にご期待下さい。

・地域や企業といったデータの不具合に関しましては、こちらの窓口より受付しております。
  IPアドレスデータ修正依頼フォーム http://www.docodoco.jp/ipv/index.html


APIサーバの処理性能が向上

新しいバージョンでは、APIサーバへのリクエストに対する処理性能が200%に向上します。旧バージョンでは秒間1,000リクエストまでの対応としておりましたが、2,000リクエストまでの対応が可能となります。より大量のリクエストを処理できるようになりました。


さらにサービス可用性が向上

これまでもロードバランサによる冗長構成を取っておりましたが、今回のバージョンアップにより、並列分散処理を内包したアーキテクチャーを追加し、負荷分散冗長化および障害耐久性を強化いたしました。

システム構成図

データ取得内容が大きく改良されます

※データについての詳細は、当Webサイトで近日中に公開いたします。もうしばらくお待ちくださいませ。

位置情報取得内容を国レベルより細分化

これまでは、日本国内の都道府県・市区町村区分のみの対応でしたが、日本以外の19ヶ国において該当区分に対応いたします。それぞれ下記区分データとして取り扱われます。

  • ・都道府県を示す値として第一行政区画と呼びます。
  • ・市区町村を示す値として第二行政区画と呼びます。
対象国 アメリカ、中国、イギリス、ドイツ、韓国、フランス、カナダ、イタリア、オーストラリア、オランダ、ブラジル、ロシア、台湾、メキシコ合衆国、
スウェーデン王国、スペイン、インド共和国、スイス、南アフリカ共和国

取得可能なデータ項目の追加

これまでの47個の値から6個追加され53個となります。追加となるのは下記の6項目です。

ドメイン種別 .co.jpや.comといったドメイン種別を取得できます。
タイムゾーン 例えば日本は+0900といった協定世界時(UTC)からの差を示す値を取得できます。
組織住所の英語表記 組織住所を英語表記で取得できます。
組織のドメイン種別 組織データに紐付くドメイン種別を取得できます。
地方コード 総務省等で定められた明確な定義はありませんが、どこどこJPでは別紙の通り定義した値を返却します。
一例として、日本は下表の通りの地方区分としております。
1 北海道地方 北海道
2 東北地方 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
3 関東地方 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
4 中部地方 新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
5 近畿地方 三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
6 中国地方 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
7 四国地方 徳島県、香川県、愛媛県、高知県
8 九州・沖縄地方 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
大陸コード 北米大陸、南米大陸、アジア大陸、オーストラリア大陸、ヨーロッパ大陸、アフリカ大陸の6分類に分け、
該当する大陸の値が返却されます。

本件に関するお問合せ

サイバーエリアリサーチ株式会社 第一事業部 室園(むろぞの) TEL :055-991-5544 FAX:055-991-5540

Page Top