三角
三角下
背景

ラーニング

LEARNING

【Wiki】どこどこJP と Google アナリティクス 4(GA4)を連携する方法

2023年7月1日をもって「旧Google アナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)」(略、UA)が終了となるため、引き続きGoogle アナリティクスでウェブアクセスと組織情報を計測するためには、Google アナリティクス 4 プロパティ(略、GA4)でどこどこJPを連携する必要があります。

自社サイトをご確認の上、環境に合わせてマニュアルをご確認ください。
※UAとGA4を併用してどこどこJPと連携する場合でも、マニュアルの通りに設定いただければリクエスト数は重複しません。

HTMLに直接Googleアナリティクスタグを設置している方

Google社では、GA4を導入する場合は「Googleタグマネージャー」(略、GTM)の利用を推奨しています。
「Googleタグマネージャー」の導入については、詳しくはこちら(外部サイト)をご参考ください。

・Googleタグマネージャーを導入してGA4とどこどこJPを連携する場合


GA4×どこどこJP 連携設定手順書(GTM編UA併用)をダウンロード

・HTMLに直接GA4タグを設置してどこどこJPと連携する場合


GA4×どこどこJP 連携設定手順書(gtag編UA併用)をダウンロード

GoogleタグマネージャーでGoogleアナリティクスタグを設定している方

・UAとGA4を併用してどこどこJPと連携する場合


GA4×どこどこJP 連携設定手順書(GTM編UA併用)をダウンロード
※UAとGA4を併用してどこどこJPと連携する場合でも、マニュアルの通りに設定いただければリクエスト数は重複しません。

・GA4のみどこどこJPと連携する場合


GA4×どこどこJP 連携設定手順書(GTM編GA4連携のみ)をダウンロード

GA4連携後の分析方法

組織名の分析方法は、主に以下の2つになります。
※UAのカスタムレポートを再現する場合、2の方法になります。

1.GA4の「探索」機能を利用する方法

GA4上で分析する場合は、「探索」機能で組織分析を行うことが可能です。
ただし、UAのカスタムレポートのように、ドリルダウン分析はできません。
(例)組織名をクリックし、その組織が閲覧したページを深掘りするなど。

GA4×どこどこJP_組織アクセス分析レポートの作成手順(探索)のダウンロードはこちら

ドリルダウン分析を行う場合は、以下の2のGoogleデータポータルを利用することで可能です。

2.GoogleデータポータルとGA4を接続してレポートを作成する方法

GoogleデータポータルとGA4を接続することで、組織分析を行うことが可能です。
UAのカスタムレポートを再現しているため、今までカスタムレポートを使用していた方は同じようにお使いいただけます。

GA4×どこどこJP_組織アクセス分析レポートの作成手順(データポータル)のダウンロードはこちら

GA4設定代行のご紹介

どこどこJPのお客様向けに、GA4の新規設定・環境構築からどこどこJP連携までお任せいただける設定代行プランをご用意しております。
詳しくは《こちら》からお問い合わせください。

どこどこJP14日間無料お試し
資料ダウンロード
どこどこJP14日間無料お試し どこどこJP14日間無料お試し
資料ダウンロード