「Visionalist」とGoogleアナリティクスの連携

Visionalist(ビジョナリスト) http://www.visionalist.com/」は、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社の提供するアクセス解析ソリューションです。
Visionalist(ビジョナリスト)とどこどこJPを連携させることによって、IPアドレスに関連付けられたデータを解析結果に表示させることができます。
このページでは、Visionalist(ビジョナリスト)とどこどこJPの連携についてご案内します。

VisionalistとどこどこJPを連携させるメリット

Visionalist(ビジョナリスト)のタグ連携機能により、どこどこJPのデータを解析結果に表示させることができます。通常では取得できない「企業名」「業種」などの企業情報、どこどこJPがIPアドレスから判定する高精度な位置情報など、IPアドレスに関連付けられたデータを分析の軸として活用することができます。

下記は、連携後の分析画面のイメージです。分析の軸として「企業名」を設定し、企業ごとの分析結果を表示させています。

図:連携後のイメージ
図:連携後のイメージ

連携の手順

連携設定はVisionalist(ビジョナリスト)のタグマネージャー機能を利用します。すでにVisionalist(ビジョナリスト)をお使いいただいている方は、新たなタグの追加などの手間をかけることなく連携していただけます。

まず、Visionalist(ビジョナリスト)で取得する項目を選択します。
取得できる項目は最大7つまで、そのうちVisionalist(ビジョナリスト)の分析画面で確認できるのは4つまでとなります。Visionalist(ビジョナリスト)の分析画面からCSVデータをダウンロードすることで、残りのデータ項目を確認することができます。

企業軸での分析を目的に連携される場合のおススメ項目は以下の通りです。色つきのセルは、特にご利用いただくことの多い項目です。
その他、取得可能なデータの一覧は「取得可能なデータ項目」をご覧ください。

IPアドレス 企業コード 企業名 URL
業種コード大分類 業種コード中分類 従業員数コード 売上高コード
資本金コード 上場区分 住所 電話番号

続いて、どこどこJPのアカウントを登録し、APIキーの発行を行います。
取得したい項目をAPIキー1と合わせて、御社のVisionalist(ビジョナリスト)ご担当者様にご連絡ください。Visionalist(ビジョナリスト)側でのタグマネージャの設定が済めば、連携設定は完了です。

Visionalist(ビジョナリスト)とどこどこJPの連携については、どこどこJPWebサイトでもご案内しています。ぜひ、こちらもご覧ください。



▲ ページの先頭へ

ご不明な点は、お気軽にお問い合せください。

  • IT活用セミナー

    経営者様・マーケティング責任者様必見のIT活用セミナーのご案内です。