IPアドレスによるエリアターゲティングとその他のエリアターゲティング

ユーザーの位置情報によってコンテンツを切り替えたいという場合、IPアドレスによるエリアターゲティングの他にも、 Cookieを使う場合、GPSを使う場合などが考えられます。IPアドレスによるエリアターゲティングは、 アクセスの際に使うIPアドレスから位置情報を判定し制御を行います。つまり、ユーザからの能動的な働きかけは必要ありません。 アクセスする際に必ずIPアドレスがわかるため、全てのユーザに対して判定が可能であるという点も特徴的です。 以下の図は、エリアターゲティングの手法の特徴をまとめたものです。

IP Geolocation Cookie(行動履歴) GPS
IPアドレスをもとに判定するため、初訪問のユーザであっても位置情報の判定が可能。 行動履歴を収集して推測するため、情報が少ない。Cookieを拒否しているユーザーは判定不能。 ピンポイントな位置の特定が強み。GPS対応機器以外は判定できず、取得にユーザの同意が必要なことも
判定方法 取得しやすさ 正確さ 携帯キャリア回線の判定 PCアクセスの判定 わかることの多さ
IP Geolocation ★★★★★ ★★★ ★★ ★★★★★ ★★★★★
Cookie(行動履歴) ★★ ★★ ★★★ ★★★ ★★★
GPS ★★★★★ ★★★★★

IPアドレス情報の偽証や隠匿には、公開プロキシが使われることがあります。これに対し、公開プロキシサーバのIPアドレスを事前に調べておくことで 「公開プロキシからのアクセス」を知ることができます。



▲ ページの先頭へ

ご不明な点は、お気軽にお問い合せください。