ネット選挙とエリアターゲティング

選挙関連Webサイトには、エリアターゲティングが適しています。選挙のインターネット活用が叫ばれる一方で、講演会などを開催し、有権者や支持者と直接コミュニケーションを取る活動が廃れるわけではありません。日本全国を飛び回って活動する場合、その情報をどうやって各地の有権者に伝えるかがポイントになります。
ここで「エリアターゲティング」が活用できます。アクセスユーザのIPアドレスから居住地域を判定し、最寄りの集会情報やスケジュールをTOPページに表示させることが可能です。 スケジュール一覧から集会情報を探すことのない受動的・潜在的な支持者や、地方で開催することはないだろうと思っている地方有権者に対して効果のあるアプローチです。「意外と近くでやってるんだな。行ってみようかな」と、能動的な行動のきっかけとして機能します。
一般的に、日本国内向けに情報発信する場合、人口の多い関東地方をメインのターゲットとしてコンテンツが準備されます。関東地方から離れた地方の住民にとってみれば、「東京ではなく、地元の情報が提供されている」というだけで親近感や親しみを感じるもの。エリアターゲティングで「行ってみよう」と思わせる情報提供を実現することができます。

以下に架空の政党デモサイトをご用意しました。ページの解説は、どこどこJP Webサイトのネット選挙でのエリアターゲティング活用をご確認ください。

ネット選挙でのエリアターゲティング活用




▲ ページの先頭へ

ご不明な点は、お気軽にお問い合せください。