どこどこJP



「どこどこJP for Marketo」リリースのお知らせ

掲載日 2016.03.29

平素よりどこどこJPをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、サイバーエリアリサーチは、マルケト社の提供するマーケティングオートメーションツール「Marketo」と同社の保有するIPアドレスデータを連携し、「Marketo」ユーザの保有する見込み顧客情報に対して企業名・業種・本社所在地・従業員数・上場区分など、全34種類の企業情報を追加する「どこどこJP for Marketo」の提供を2016年3月29日(火)より開始いたします。
「どこどこJP for Marketo」をご利用いただくことで、IPアドレスから取得した情報を用いて、Webコンテンツの切り替えやメールコミュニケーションの最適化などの施策を実施することができます。

どこどこJP for Marketo

連携の背景・概要

マルケト社の提供するマーケティングオートメーションツール「Marketo」は、見込み顧客に関する情報を収集し、各々にとって最適なコミュニケーションを行うことにより、有望な営業対象に育成します。「どこどこJP for Marketo」は、Marketoに登録された見込み顧客情報に対し、企業名・業種・本社所在地・従業員数・上場区分など34種類の企業情報を追加するアプリケーションです。本機能は、IPアドレスを企業情報に変換するサービス「どこどこJP」との連携によって実現されています。 BtoBビジネスにおけるコミュニケーションの最適化においては、Webサイト閲覧履歴に加え、見込み顧客が所属する企業の情報も重要な要素となります。例えば、「業種」によって商品に対するニーズが異なる場合や、「従業員数」によって最適な商品が異なる場合、「売上高」の大きな企業をターゲットとする場合などが考えられます。「どこどこJP for Marketo」 は、BtoB企業にとって有用な企業情報を効率的に収集し、コミュニケーションの最適化を支えます。

「どこどこJP for Marketo」で実現できること

「どこどこJP for Marketo」は、見込み顧客情報に含まれるIPアドレスから企業情報を取得し、Marketoに記録します。 見込み顧客の情報が十分に収集されていない場合や、メールドメインから企業を推定できない場合(フリーメールでの登録等)でも、IPアドレスから取得したデータをもとに「具体的な企業名を記録する」「業種ごとにメールの内容を変える」「従業員数によってWebコンテンツを切り替える」「売上高が高い企業にスコアを付与する」といった施策が実施可能になります。 サービスリリースに伴い、ファーストユーザとして、Sansan株式会社様のご利用を予定しています。

Sansan株式会社 石野真吾氏のコメント

以前よりWebサイトへのアクセス解析に利用しておりましたが、今回リリースされる「どこどこJP for Marketo」によって、社員の人脈や展示会等で獲得する名刺情報へも、どこどこJPで取得したセグメント情報(業種や従業員数等)を付加することができ、これまで以上にSansanに蓄積していた名刺情報の活用と見込み客の興味関心に最適化したアプローチが実現できるようになりました。

株式会社マルケト バイスプレジデント 戦略・ビジネス開発担当 小関貴志氏からのコメント

「どこどこJP for Marketo」によって、BtoB企業のマーケティング活動に欠かせない「業種」「従業員数」など、企業軸の情報をMarketoに追加することができます。これらの情報を起点に、電子メール、ウェブサイト、ランディングページ、インターネット広告などのさまざまな顧客接点を組み合わせ、見込み顧客にとって最適なコミュニケーションを実現することができます。この連携によって、お客様のエンゲージメントマーケティングが加速されるものと期待しています。

プレスリリースダウンロード

34種類の企業情報を追加しBtoB企業の見込み顧客育成を支援する 「どこどこJP for Marketo」(PDF形式 739KB)


どこどこJP for Oracle Eloqua

関連URL

・「どこどこJP for Marketo」について http://www.docodoco.jp/ma_marketo/


本件に関するお問い合せ

サイバーエリアリサーチ株式会社
カスタマーリレーション部 : 杉本、山﨑

メールでのお問い合せはこちら
お電話でのお問い合せはこちら 055-991-5544

Page Top