どこどこJP

English

Google Adwords・Yahoo!ディスプレイアドネットワークでの利用

どこどこJPは、リターケティング広告と組み合わせることが可能です。通常のリターゲティングでは、サイトに訪れたすべてのユーザーに広告が配信されますが、どこどこJPと組み合わせることで、サイト訪問者のうち企業と判定されたユーザーだけに広告を配信することが可能です。


1. GoogleアナリティクスとGoogle Adwordsを連携


GoogleアナリティクスとGoogle Adwords Adwordsのアカウントを連携させます。

Googleアナリティクス→「アナリティクス設定」→「プロパティ」→「AdWordsのリンク設定」





2. Googleアナリティクスのカスタムセグメントを作成


どこどこJPで企業名を取得できたユーザーを対象にカスタムセグメントを作成します。カスタムセグメントの名前は任意ですが、ここでは「企業」とします。

「アナリティクス設定」→「ビュー」→「セグメント」→「新しいセグメント」





条件を以下のように設定します。

(カスタムディメンション)組織名: 正規表現に一致「.*」





3. Googleアナリティクス:リマーケティングリストを作成


続いて、リマーケティングリストを作成します。

Googleアナリティクス→「アナリティクス設定」→ 「プロパティ」→「リマーケティング」→「ユーザーリスト」 →「新しいユーザーリスト」





リンクの設定で、ビューと広告アカウントを設定します。

任意の「ビュー」と「広告アカウント」を選択





ユーザーリストの定義をします。ここでは「セグメントをインポート」を選択します。

「セグメントをインポート」





手順3で作成しカスタムセグメントをユーザーリストとして定義します。

カスタムセグメントから「企業」を選択し、任意の名前をつけて保存





サイトを訪問した企業のリマーケティングリストができました





4. Google Adwords:広告の配信設定


Google Adwords側でリマーケティングの設定を行います。

Google Adwords→「キャンペーン」→「ディスプレイネットワーク」→「ターゲティング方法」





「インタレストとリマーケティング」→ Googleアナリティクスで作成したリストを選択→保存





「インタレストとリマーケティング」→ 「ユーザリスト」で確認ができます



1. YDNにどこどこJPのデータを取り込む


Yahooリターゲティングタグを連携用に修正します。

             <script type="text/javascript" language="javascript">
             /* <![CDATA[ */
             var yahoo_retargeting_id = ‘*****'; var yahoo_retargeting_label = ''; 
             if ( window.SURFPOINT ) {
             yahoo_retargeting_label = SURFPOINT.get*****(); 
             }
             /* ]]> */
             </script>
             

※Label:任意のデータを入れることができます。
「SURFPOINT.get*****()」の部分で、どこどこJPの任意のデータを指定してください。



2. リターゲティングリストを作成


「ツール」からターゲットリスト管理を選び、ターゲットリストの条件を作成します。





3. 広告の配信設定


「広告管理」で配信設定をオンにします。

お問い合わせ

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

サイバーエリアリサーチ株式会社
TEL :055-991-5544 FAX:055-991-5540

now loading...

Page Top